お菓子な話(和菓子編)

どら焼き

 

平鍋と呼ばれる鉄板の上で焼かれた形が船の銅鑼(どら)に似ているところからこの名がついたそうですが、

「銅鑼の上で焼いたから」という説もあります。

 

小麦粉、卵、砂糖を混ぜて水でとき、鉄板で円形に2枚焼いて、間にあんを挟んだおなじみのお菓子です。明治の初期に創案されたといわれています。金つばやワッフルもどら焼きと同じ平鍋菓子(平鍋で焼くお菓子)です。


羊羹

 

あんに砂糖を入れ、寒天を加えて煮詰め、型に流して固めた和菓子。

 

羊羹は平安時代末期の書にも現われているくらい古い食べ物で、原型は中国から伝わったもの。

 

もともとは、羊の肝や肉、血を煮込んだ熱い吸物だったんです。 それで羊の羹(あつもの)ということで羊羹となったのです。

でも肉食文化ではなかった日本人にはしっくりとせず、羊の肉のかわりに汁の中に穀類などをこねていれ、それが時代が経つにつれ、和菓子に変わっていったそうです。


最中

 

もち米を水でこねて蒸し、薄くのばして型に入れ焼いて皮を作り、2枚あわせた中にあんを詰めた和菓子。

 

名前の由来は、平安時代の宮中で行われた月見の宴において、白く丸い餅菓子が出されたのを見て、これが池に映る月に似ていたことから「最中の月」と名付けられたといわれています。

 

しかし、真ん中にあんが入っているため、中央を意味する「最中」から名付けられたとする説もあります。

 

「最中の月」とは、陰暦十五夜の月(中秋の名月)のことで、

平安時代の歌集「拾遺集」にも

水の面に 照る月なみを

     かぞふれば 今宵ぞ秋の
        もなかなりける

とあります。

 

しかし最中は、江戸時代に生まれたお菓子なので、最中の原型は、この話に基づいて生み出したといわれています。

 

饅頭

 

有名な中国の三国志の
諸葛孔明が南蛮を征した時に、濾川という川のほとりで激しい風浪にあい、

これをしずめるために人を殺してその人頭を川の神に捧げる風習があると聞き、

人の頭のかわりに小麦粉に羊や豚の肉を包んで祭壇に供えるようにしたという伝説に始まると言われています。

 

日本に饅頭が渡来したのは、鎌倉時代から室町時代の頃で、中国に留学していた禅僧から伝わったそうです。
しかし肉食文化ではない日本人は、羊や豚の肉のかわりにしその葉などの野菜をあんにして食べていました。それが時代とともに変化し今のような饅頭になったのです。

 

桜餅

 

桜餅は、粒つぶの道明寺種を使った関西風のものと、小麦粉を溶いて鉄板で薄く焼いてあんを巻いた関西風の長命寺桜餅の2種類があります。

じまりは、江戸向島の長命寺の門番であった下総国の山本新六という人が桜の落葉の掃除に追われ、この葉をしょうゆに漬けて売ってみたが、あまり売れず、今度は桜の葉を塩漬にして、小麦粉を溶いて薄く焼いた皮に小豆あんを包んで、塩抜きをした桜の葉で包んだところ、これが花見客の評判となって大ヒット!江戸名物になったそうです。


大福餅

 

餅を薄くのばし、粒あんをたっぷり包んだもの。焼くと膨れ上がることから「腹太餅」と呼ばれ、その感じがでっぷり!福々してることから大福餅と名がついたそうです。

柏 餅

 

蒸した上新粉の餅を丸扁平にして、中にあんを入れ二つ折りにして柏の葉で包んだもの。

端午の節句に供物として知られています。

 

柏の木の古い葉は新芽が育つまで枯れないので、子孫繁栄の縁起の良い葉とされたことや、

柏餅を包む手つきが神前でかしわ手を打つ姿に似て、武運を祈願する端午の節句にふさわしいという意味があるそうです。

関東は本柏の葉、関西はサンキライの葉で包むようです。

カステラ

 

大航海時代の16世紀に日本に伝わった南蛮渡来の菓子で、

名前の由来は、スペイン中央部のカスティ ーリャ地方の地名からきているようだ。

16世紀頃イベリア半島にあったカスティーリャ王国のお菓子で、長崎に来航したポルトガ人が、「カステラから伝わってきたお菓子」と伝えたことから、日本で は「カステラ」と呼ばれるようになったという。